top top
◀戻る

ご質問一覧

電話番号について

A. はい。固定電話でも携帯電話でもそのままお使い頂けます。また電話端末自体の機種制限もございません。

A. Fusion Cloud(Rakuten Communications)の物であればお使い頂けます。転送料も必要ありません。

A. Fusion Cloud(Rakuten Communications)発番の物であれば、そのままお使い頂けます。

A. 必要ありません。転送料金は無しでお使いいただけます。

A. NTTやKDDIなど電話会社様により若干値段の違いはありますが、初期工事費が0円~2000円、月額利用料が約500円程となっております。詳しくはご利用の電話会社様へ「電話番号の転送」についてお問合せください。
NTT:ボイスワープ
KDDI:着信転送
SoftBank:着信転送サービス

A. いいえ、ありません。本サービスのみで留守番電話サービスがご利用いただけます。

ルステルのご利用方法

操作方法について

A. サービス開始と同時に操作マニュアルをお送りしますので、そちらをご参照ください。

A. ご登録後に発行されますユーザー画面にて、ガイダンス項目にテキストを打ち込んで頂き変更していただけます。

A. 録音メッセージの音声確認は、「メールの添付ファイル」と「Webブラウザ」の2パターンで行えます。

仕様について

A. 現在のところ、文字数制限はございません。

A. 最大12個まで(プッシュボタンの0~9、*、#に対応)の分岐が可能です。

A. 仕様上、応答分岐によってメール通知先を変更することはできません。
但し、お見積りは必要となりますがお客様独自の仕様変更での実装は可能です。

A. 留守番案内(ガイダンス)が流れ始めるタイミングで送られます。

A. 5人です。(メールアドレスが最大5件まで登録可能)6人以上に送りたい場合は、メーリングリストなどをご利用ください。

A. 1か月の着信数が最大100件ですので、録音数も100件までとなります。100件を超えた場合は、1件当たりの追加料金が発生いたします。
その場合は、プランを変更することでお得になることもございますので、またご相談ください。

A. 録音可能数の制限はございません。
但し、プランによって30日、もしくは60日で録音内容は削除されますので、必要な場合はダウンロードしていただきバックアップを取るようお願いいたします。

A. 一度消えてしまったデータを復活する事はできません。大切な録音データがある場合は、保存期間中のダウンロードをお勧めします。音声のダウンロードは、着信案内メールへの添付、もしくは管理者ページから行っていただけます。

A. 電話番号転送サービス側にて「転送までの秒数設定」をしていただくか、電話転送サービス側で「ON・OFF」をしてください。
詳しくは、各社の転送サービス設定についてご確認ください。
NTT:ボイスワープ
KDDI:着信転送
SoftBank:着信転送サービス

お申込み・ご契約などについて

A. 電話案内プランに留守番電話機能を追加したものがエコノミープランになります。
   ※他プランは、エコノミープランに着信数を増やしたプランです。

A. 月途中のプラン変更は翌月からの変更となります。
   ※ご利用プランの着信数が規定数を超えた場合、一つ上のプランをおすすめします。

A. はい。複数の電話番号をルステルで使いたい場合は、ご利用予定の電話番号の数だけルステルへのお申し込みを行っていただく必要が御座います。
  お申込み予定の件数が多い場合は、電話対応も行っておりますのでご相談ください。

A. 問題ございません。契約期間につきましては、特に決まりはございません。

A. 今現在、お支払いは銀行振込のみとなります。今後お支払方法を増やす方向で検討中です。

A. サービスの利用契約を解約する場合は、契約終了月前月の5日までに当社指定の方法で届け出るものとし、当社が受理した時点で解約が承認されることとします。(利用契約の解約 第10条より)

A. 違約金など、解約手数料が発生する事は一切ございません。

◀戻る